トリリンガールの好日子

日本語、英語、中国語を話すトリリンガール(年長さん)の学習日記

くもんでバイリンガル!やったね!3A→2A【KUMON】

8月中旬から始めた公文式

 

何を思ったか、「算数やりたい!」と言い出した娘。

 

私はバイリンガルトリリンガルの頭の中がわからないので、中国語で算数を勉強して、日本人学校、日本に帰った時に弊害が出るのでは?と心配になりました。

 

なので家で私がプリントなどで教えていたのですが、どうしても緊張感がない!

 

せっかく習うなら日本に帰っても続けられるもの、反復練習、集中して取り組める教材、あわよくば先生が日本語が話せること

 

やっててよかった公文式

 

体験&テストに行ってみました!

 

2校 見学&体験テストをさせてもらいました。

 

f:id:pot-san:20180830224843j:plain

 

3Aから始めることになりました!

 

体験に行き良かったなと気づいたことは、スピードが遅い!

 

ひとりっ子は親がいつでも待ってくれますし、私も特にスピードというより、合っていること、字の丁寧さを求めていたので、あまりの遅さにビックリ。

 

先生とも相談し、3Aから始めることになりました

 

先生はとっても日本語が堪能なのですが、基本的にはお教室内では中国語、家でくもんのプリントを解くときは日本語と決めました。

 

もし不便があるようなら、また考えましょう!と。

 

 

混乱しない?

 

中国語と日本語とで同じ問題を解いているわけですから、混乱しないのかこちらは心配で仕方がありません。

 

ふたばちゃんに何度も「混乱しないの?」と聞きましたが、「話してかけている人が違うんだから、混乱しないでしょう」と言われ続けています。

 

まだ足し算で簡単ですから、問題ないでしょうが、九九は日本語で教えます!ここは心に決めています。(先生も了解済)

 

また、教室に日本人はもちろんのこと、インターナショナルスクールに通っているお子さんが大勢います。

 

この子達を見ていると 何せぬ顔で、色々な言語を使い分けているので、もしかしたら問題ないのかもしれませんね!?

 

 

3A→2Aへ

 

昨日は5回目の公文でした!

 

宿題を毎日20枚ずつやっていたのもあり、昨日2Aになりました!

 

本人はあまり意味が分かっていないようですが、先生に「計算が早い!学年より4年先取り学習ができれば、トロフィーがもらえますよ!ふたばちゃんは可能性が高いですよ」と、言ってもらい、喜んでいました。

 

褒めて伸ばしていただけると、親としてはとてもありがたいです。

 

やる気スイッチが押された ふたばちゃんは、「公文の日は宿題がないけど、朝やっているので、公文の日もプリントが欲しいです」と、言い出しました。

 

確実に進んでもらいたいという先生の方針もあり、同じプリントを繰り返す宿題ですが、たくさんプリントをもらってきましたよ!

 

1日20枚の宿題をこなす ふたばちゃん、ガンバレガンバレ!!!