トリリンガールの好日子

日本語、英語、中国語を話すトリリンガール(年長さん)の学習日記

くもんの日本地図パズルが大好き!

日本地図はくもんのパズルで

 

もともとパズル好きな娘。

2歳半頃には100ピースのパズルで楽しそうに遊んでいました。

パズル好きは有名で、友達からのプレゼントもよくパズルをいただきましたね。

懐かしい…

 

そんな娘に2歳の時に与えたのが『くもんの日本地図パズル』です。

 

くもんの日本地図パズル

くもんの日本地図パズル

 

 

 

2,3歳はただただ型はめ

 

このパズルは土台に都道府県の形が一つ一つ型があるので、その形にはめていけます。

字がわかるとか、都道府県の場所がわかるとかではなく、普通に型はめとして遊んでいました。

北海道は大きいし、沖縄は小さいし…。楽しそうに遊んでいました。

私たち親は横で、ちょろりちょろり都道府県の説明を…聞こえているのかわかりませんが、「ここね、○○がおいしいんだよ」「ここね、お母さんたちが結婚したときに住んでたんだ」などなど。

 

4歳ころから意識して遊び始めた

 

8つの色で、地方ごとに分けてくれています。

そうするとだんだん同じ色だからこのあたりかなと探せるようになっていきました。

さらに平仮名シールを貼ったことによって、形、場所、都道府県名が一致してくるようになりました。

ぶつくさ唱えていた親の呪文も覚えていきます。

「東京都はお父さんが生まれた所だね」「沖縄は旅行に行ったよね」などと声にだしていました。

 

5歳の今の遊び方

 

基本の8色パズルでもまだ遊びますが、ステップアップした白いピースでも遊んだりしています。

まだ完ぺきではありませんが、都道府県の場所も何となく記憶しているように思います。

やはり、小学生の低学年までに日本地図を覚えてしまうと後々楽だと思うので、楽しく覚えてしまえたら良いなと思っています。

 

くもんのこのパズルは、本当におすすめしたいです!

1歳後半ごろでも、誤飲などに気を付ければ、遊べると思いますよ!

 

f:id:pot-san:20180929224245j:plain